zipファイルをLhaplus(ラプラス)で解凍すると、このようなメッセージが表示される場合があります。
考えられる原因は以下。
1.ファイルを圧縮した段階で、何らかの原因によってファイルが壊れている
2.ファイルを取得する過程(ダウンロードなど)で壊れてしまった
ちなみに、そもそもCRCって何なのという話をすると、一言で言うとファイルが壊れてないか、無事に全ファイル揃っているかをチェックするための情報です。
つまり、これが「一致しない」ということはファイルに何かしら問題がある、もしくは壊れてしまっている可能性があるということです。
じゃあどうすればいいのということで、こういう場合の対応をいくつか書いてみました。
お困りの方は上から順にチェックしてみてください。
——
1.まずは解凍されたファイルを確認してみる
稀にですが、エラーが表示されていても全てのファイルが問題なく解凍されていることがあります。
解凍先に全てのファイルが揃っているか、まずはチェックしてみてください。
また、複数のファイルがまとめて圧縮されている場合、とりあえず自分に必要なファイルさえあればそれ以外は壊れていてもOKなはずなので、壊れたファイルが別に重要なものでない場合はスルーするのも手です。
2.一旦ファイルを自分のマシンに取り込んでから解凍する
Web上から直接解凍してダウンロードを行っているパターン。
一旦自分のマシンにダウンロードしてから解凍を行うと、正常に完了する場合があります。
3.キャッシュを削除してからダウンロードする
これもWeb上からファイルをダウンロードしているパターンに該当します。
一旦キャッシュを削除してからダウンロード→解凍すると、正常に完了する場合があります。
キャッシュの削除方法は調べてみてください。ちなみにFireFoxだと「履歴」→「最近の履歴を消去」から削除できます。
4.ソフトを変えて解凍してみる
Lhaplusではなく、LhacaやWinRARなどで解凍すると問題なく完了する場合があります。
特にWinRARはファイルの修復機能が働いて補完される場合があるので試してみると良いと思います。
5.圧縮していない元のファイルでやり取りを行う
最終手段です。
そもそも圧縮段階で壊れている可能性があるため、圧縮せずにファイルのやり取りを行います。
最近だとUSBの容量も大きくなってるし、dropboxなどのストレージサービスもあるので多少サイズが大きくても大丈夫なはず。
——

more from " 「正常に解凍できません。CRC が一致しないか、出力先ファイルが使用中です。」と表示される場合の対応 "...